川に流れる水すべてが温泉!?メキシコのイダルゴ州にある山間の温泉地トラントンゴに行ってきた

メキシコイダルゴ州の川の温泉に入ることができるトラントンゴ(Tolantongo)を目指します!

トラントンゴ直前にはかなり厳重なコロナ検問があり、そこで消毒をしたらトラントンゴに向かって山道を下っていくことになります。

メキシコのイダルゴ州にある温泉地トラントンゴに入るための厳重なコロナ対策


まずはゲートがありますので入場料を支払いトラントンゴに入場します。私は今回クルマで行きましたのが、ゲート前で停車させられ車内から係員にお金を支払うだけ。レシートのようなチケットのような紙をもらいましたが特にその後必要になることもありませんでした。

川のすぐ近くに駐車場がありますので、ゲートを通ったらどんどん進んでいきましょう。

西側の上流に行くほど人が多く、駐車場も満車になりやすいため川から遠くなる可能性が高いです。

東側の下流付近は人も少なく、川のすぐ隣の駐車場に停められることが多いです。

川の上流側には温泉が出ている滝と洞窟のアクティビティがあるため人気の場所なんですね。しかしながら下流側にも山沿いに温泉風呂が連なる楽しい場所もありますので、こちらもおすすめ。

私はクルマが川から近い方がいいのでいつも下流側に駐車しています。


着替えることができるロッカールームなども完備されていますが、どこにでもあるわけではないので、家を出るときに水着を着たままでかけましょう。トラントンゴへ到着したらそのまま川の温泉へ向かいます!

ここはどちらかというと上流側の人気の場所を撮影しましたので、たくさんの人を見ることができますね。

下流側はもう少し川幅が狭く人も少ないので、ゆっくりと静かに過ごしたい人にはおすすめです。

そして、ここトラントンゴの他に類をみない特徴が、この川自体があたたかい温泉だということです。

川に温かい温泉が流れこんでいるので熱いわけではありませんが、温いと冷たいの間くらいの温度感。

上流に行けば行くほど、また流れが多い場所ほど温かいです。

日本でも川の脇に温泉が湧いているなんていう場所はありますが、川全体が温泉というこんな場所は他に見たことがありません。

各区間ごとに石でダムのように水がせき止められており、その区間区間で温泉プールのように泳いだり温泉を楽しんだりすることができます。

せき止めている石の下はまるで滝のようで流れはかなり急!なんとかたどりつくことができたら、天然の打たせ湯に。


ミネラル分が多いのか、水の色も白いため川底までみることができません。

川底には大量のさまざま形の石があるので、素足で入ると痛くて移動がかなり大変。水の中で使用するマリンシューズを持っていくことを強くおすすめいたします。川だけでなく、トラントンゴのすべての場所を移動するにも石や砂利が多いので必須と言っても良いかと思います。

私はこの旅行前に地元のスーパーマーケットのウォルマートで150ペソくらいで購入していきました。


川の周辺ではテントを張ってBBQを楽しむひとたちも多いです。

4人用テントで150ペソ≒780円 (1ペソ=5.2円換算)、10人用の大型テントでさえ300ペソ≒1,560円と格安で借りることができるので、丸一日滞在するような人は日陰を作ることができるので借りるのが良いかと思います。


川遊びがひと段落したら上流に存在する滝と洞窟を見に行きましょう。

途中、川沿いにプールも設置されており、高飛び込みなどもチャレンジすることができます。

そしてこのプールも無料なのがまたうれしいですね。


さらに上流に5分ほど歩いていくと、この川の源泉ともいえるような滝とその下に洞窟があります。

滝の上にまだまだ川というか源泉があるのだと思うのですが、私たちが訪れることができるのはここまで。

まずは階段を進み、滝裏の小さな洞窟へ進みます。

水がしたたる滝裏の洞窟の先は小さな空間ができており、ここにもちょっとしたお風呂のような温泉が存在していました。


階段上の滝裏を楽しんだら、階段下の滝裏へ。

冷たい滝の水をくぐり進んでいったその先には、先ほどよりも大きな空間が存在していました。

そして、その天井からは温かい温泉が勢いよく噴射しているではないですか。

まるで、消防車の噴水ホースから出ている水のようにかなり強い勢いで温かいお湯が出ています。

そしてこの空間はまるで鍾乳洞のように白くなった岩々が連なっていて、実際に触ったりすることもできます。


また、この洞窟の奥には幅1mほどのさらに奥に続く水に満たされた通路があり、まっくらな洞窟空間に行くことができます。

洞窟奥から川の水が流れてきますので奥に行くにはかなり大変ですが、壁づたいにあるロープを使いながら奥に進んでみましょう。

奥の洞窟内には照明が全くないので、本当に何も見えない空間です。何も見えないのですが中も同じように天井から温泉が噴水のように噴き出しているのがわかりました。

中には防水ライトを持ってきている人もいましたが、確かにあったほうが確実に良いでしょう。

水深がどのくらいあるのかわかりませんが、足はつきませんでしたし、真っ暗闇で流れも強いので泳ぎが苦手な人や不安な人はロープを確実につたって進んでください。日本であれば危険で確実に体験できないようなちょっとスリリングな場所もここでは体験できます。


西側の上流にある滝を楽しんだら、こんどは東側にある温泉風呂に入りにいきましょう。

西側の滝から東側の温泉風呂まで、すべて歩いたら30分くらいはかかると思います。そのためクルマで近くまで移動するか、トラントンゴ内で運営されている小型タクシー(といっても、バイクを改造した小型トラック)を利用するのがいいでしょう。


川を東側に進んでいくと、次に山を上る道になり、10分ほどそのまま山を上ると温泉風呂が現れます。

ここも見た瞬間おおーっ!!と思えてしまうような奇抜な空間。

空いている場所であればどこでも自由に使用することができます。


目下山向こうの自然の絶景を楽しみながら入る露天風呂!

私が訪れた時は乾季でしたので山の木々はちょっと寂しい状態でしたが、雨季になればより緑の生き生きとした絶景が見れるのではないかと思います。


お風呂のお湯は川の水よりは冷たい状態。

日本人のわたしにはもっと熱いお風呂であれば良かったなぁと思えてしましますが、この風景を見て体験できるだけで十分来る価値がある場所です。


温泉の後は再度川に戻り腹ごしらえすることにしました。思いっきり遊んだあとはお腹がすきますね。

川沿いにはいくつかレストランがありますので、その内の一つに入り食事をたのしみましょう。

私が見る限りどのレストランももメキシコ料理のお店だったと思います。

おいしくいただきました。満足!


いろいろなアクティビティがあるトラントンゴ。

メキシコシティー近郊で楽しむにはおすすめの観光地です。是非みなさんもご体験ください。


それでは良いメキシコ生活を!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。